鼻毛カッターの私の使い方とおすすめをご紹介!都会に住む方は必見!

 

あなたは鼻毛カッターを使っていますか?

 

鼻毛は誰もが伸びるものですから日頃から手入れすることが大事です。また伸びた鼻毛を切ることは身だしなみのひとつなので、忘れずにケアしたいですよね。

 

そこでここでは、鼻毛カッターについて使い方やおすすめなどをご紹介したいと思います。

 

私はもう10年以上も鼻毛カッターを使っているので、その私が感じたことや実際に使ってみた経験などをお伝えできればいいかなと思います。

 

この記事は、

・都会に住んでいる人

・地方から都会へ移った人

・鼻毛の長さが気になる人

・写真撮影などの予定がある人

に宛てています。

 

これを読めば、鼻毛カッターの良さが伝わるかと思います。

 

鼻毛をきちんと切ることはあなたの魅力アップにもつながりますので、きちんと行うようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

たった1分でわかる鼻毛カッターの使い方!

 

鼻毛カッターを使ったことがない人は、「使い方が難しいのではないか」と心配するかもしれませんね。

 

では、鼻毛カッターの使い方を見てみましょう。

 

鼻毛カッターの使い方は、

1.スイッチを入れる

2.鼻の穴に突っ込む

3.鼻毛に鼻毛カッターの刃をうまくあてがう

4.鼻毛が自動的に切られていく

となります。簡単ですね。

 

鼻毛カッターは鼻に入れれば自動的に切ってくれるので、迷うことはないと思います。

 

鼻毛をうまく切るコツをあなたに伝授します!

 

鼻毛をうまく切るには、鼻毛カッターの刃をいかにうまく鼻毛にくっつけるかがポイントになります。

 

普通に鼻の穴に入れただけでは、鼻毛カッターではあまり切れないんですね。

 

ですので鼻毛カッターを鼻に入れたら、ひねりを加えてください。

 

鼻毛をうまく切るコツは、鼻毛カッターをひねって少し回転させることです。

 

鼻毛カッターをひねることで鼻毛が刃に当たって切れやすくなります。

 

ただ鼻毛カッターを使うときは、鼻の奥に入れすぎたり鼻に強く押し当てたりすると、鼻を傷めることになりますので注意してくださいね。

 

鼻毛カッターをきちんと洗えば長く使える!

 

鼻毛カッターは手入れをすることがとても大事です。

 

きちんと手入れすることで鼻毛カッターを清潔に保ちますし、長く使い続けることができます。

 

鼻毛カッターは面倒でも使うたびに水洗いをして掃除しましょう。

 

常に掃除をしておくことで、嫌なニオイを防いだり刃のつまりを防いだりします。

 

私は鼻毛カッターを使うたびに掃除をしていて、同じものを8年以上も使い続けています。

 

掃除の仕方は、どんな鼻毛カッターも大まかに次のようになります。

 

1.電源をオフの状態にしておく

2.刃のキャップを取り外す

3.刃の部分を水で洗い流す

4.キャップを取り付ける

5.乾燥させる

 

刃の部分は、こすって洗ったりせず水で洗い流すだけで充分です。

 

強くこすると刃が壊れてしまうこともあります。

 

また乾燥させた後長時間使わないときは、乾電池を抜いておくと漏電を防止して故障するリスクを減らせます。

 

鼻毛カッターはどんなものを選んだらいいか?

 

鼻毛カッターを選ぶときは軽いものを選ぶといいと思います。

 

鼻毛を切る時間はほんの数分ですが、重い鼻毛カッターは結構疲れるんですね。

 

細かい動きやひねったり向きを変える動作は、軽い方が操作がしやすいです。

 

ですので実際の店舗で買うときは試しに持ってみて重さを確認してください。

 

またネットで買うときには、商品の説明の中の本体の重さをチェックしてくださいね。

 

本体が水洗いできるものを選ぶ

 

また、本体が水洗いできるものがいいです。

 

鼻毛カッターの中にはとても安いものもありますが、それは水洗いができない場合があります。

 

水洗いできないとうまく掃除ができないので、ゴミが詰まったりして結果的に壊れやすくなってしまいます。

 

ですので少々高くても長く使えるものを選んだ方がいいですよ。

 

値段の相場は?

 

鼻毛カッターはだいたい1,000~2,000円程度で買えます。

 

また、替刃があればその値段もチェックしておくといいですよ。

 

値段の違いは切るパワーの違いにあります。

 

高額なものになると鼻毛だけでなくマユやひげ、耳毛などにも対応した、カットのパワーが強いものとなります。

 

私がずっと使い続けている鼻毛カッターは、1,800円程度ですが、持ちやすくて水洗いもできるタイプでした。

 

おすすめの鼻毛カッターは?

私がおすすめするのはこちらのパナソニック エチケットカッター グレー ER-GN50-Hです。

 

切るパワーが強くて、短時間で切ることができます。

 

ワンタッチで操作ができるので、シンプルで使いやすいと思います。

 

エチケットカッターの詳細を見る

 

またこちらには下の替刃もあるので、切れ味が落ちてきたら取り替えるといいと思います。

 

スポンサーリンク

こちらは上の、替刃 エチケットカッター用ER9972-Kになります。

 

値段はリーズナブルなので、エチケットカッターと一緒に購入することをおすすめします。

 

替刃の詳細を見る

 

私が鼻毛カッターを使ったきっかけは?

 

私が鼻毛カッターを購入したきっかけは都会に行くようになったことです。

 

私は大学に通うまで鼻毛カッターは使っていませんでした。

 

そのころは、家電量販店で鼻毛カッターが買えるということさえ知りませんでした。

 

そして大学生になって一人暮らしを始めたんです。

 

東京にあった大学に通ったんですけど、まず感じたことが、

 

「東京の空気は汚い!」

 

ということでした。

 

それまで私は田舎で暮らしていたので、空気の違いがはっきりとわかったんです。

 

東京はどこにいっても人、人、人ですよね。そして大きな道路が多くて通る車の量も、田舎とは比べものにならないほどでした。

 

ですのでタバコのにおいとか排気ガスのにおいに、やたら敏感になっていたんです。

 

それで鼻がムズムズすることが多かったんです。

 

鏡を見ると、鼻毛が出ていた!

 

それでやけにムズムズするな~と思って鏡を見てみると、鼻毛が伸びていたんです!

 

東京に来るようになってから、急に鼻毛が伸びるようになったんですね。

 

鼻毛はフィルターみたいなものですから、空気中のゴミやちりをこしとって、肺にきれいな空気を送り込みます。

 

ですので空気が汚れていると空気中のゴミやちりが多いので、たくさんの鼻毛が必要になるわけです。

 

もともと東京に住んでいる人はそのような空気に慣れているのかもしれませんが、私は自然が豊かな場所で育ったので、においに関しては都会の人よりも敏感だったんだと思います。

 

それで、家電量販店のチラシを引っ張り出して、鼻毛を切る道具はないか探したんです。

 

それで初めて「鼻毛カッター」を見つけたんです。普通の電気屋さんに置いてあるものだったんですね。

 

意外に安かったんで迷わず買いました。

 

鼻毛カッターのメリット

 

鼻毛カッターの一番のメリットは、簡単に鼻毛が切れて身だしなみを整えることができるということですね。

 

鼻毛が伸びたら鼻毛を引っ張って抜くという人もいますが、鼻毛を無理矢理抜くと鼻内部を傷めてしまうのでやめましょう。

 

 

また、自分で処理できて処理に時間がかからないこともいい点ですね。

 

鼻毛を切るときに、いちいち誰かに切ってもらうのは面倒だし、少し恥ずかしいですよね。

 

その点、鼻毛カッターは自分で好きな時に切ることができるので誰にも見られることはありませんよね。

 

鼻毛カッターのデメリット

 

鼻毛カッターにもデメリットはあります。

 

一番のデメリットは、鼻毛が濃く(太く)なっていくことです。

 

鼻毛は、切っていくうちにだんだん濃くなっていきます。

 

これは人間の体質なので仕方ないことなのですが、ひげや体毛もカミソリで剃っていると、だんだん濃くなっていきますよね。

 

鼻毛もそれと同じということです。

 

ですので、鼻毛カッターを使ったら、定期的な処理は欠かせなくなります

 

まとめ

 

ここでは、鼻毛カッターについてまとめてみました。

 

鼻毛カッターは安いし使いやすいので、鼻毛を切りたい人はぜひ使っていただきたいと思います。

 

また私のように田舎から都会へ住むことになった人は、鼻毛カッターを用意したほうがいいですよ。

 

白髪の鼻毛の原因はこの4つ!男38歳が感じたショックな出来事とは?!
鏡を見ていて、鼻毛が気になったことありませんか? 鼻毛は、普段あまり切ったり剃ったりできないところなので、伸びてしまうことがあります。 私が鼻毛の白髪を見つけたときのことは忘れられない記憶となって...

 

毛深い男の脱毛や処理の悩みが解消!考え方が変わった私の体験とは?
失礼ですが、あなたは毛深いですか? 毛深いといってもいろいろありますよね。 産毛のような毛並みの方から、もじゃもじゃの方までいますよね。 それから生えている場所もいろいろです。 ...

 

役立つ情報
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!