干し芋の栄養と効能に驚愕!その健康効果は良いことだらけって本当?

干し芋

干し芋は美味しい!

あなたは干し芋を食べていますか?

あの甘くてねっとりとした食感がたまらないですよね。

干し芋はサツマイモのいい甘さが出ていて、独特の食感ですよね。

あなたもそこに引かれているのではないですか?

そこでここでは、干し芋についてまとめてみました。

この記事は、

・干し芋にはどんな栄養があるのか気になる人

・干し芋の効果が知りたい人

・無理せずにダイエットしたい人

に宛てています。

この記事を読めば、干し芋の栄養や効果など、干し芋のことがよくわかるはずです。

干し芋を深く知れば、干し芋のイメージが変わって、今すぐにでも食べたくなるかもしれませんよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康成分がいっぱい!干し芋の栄養とは?

焼き芋

干し芋は基本的には、サツマイモだけが原料となっていますので、添加物や保存料は入っていません。

干し芋のカロリーは、100gあたり303kcalです。

また干し芋は、ビタミンやミネラルを多く含む食べ物で、豊富な栄養素を持っているので、健康的な食品のひとつといえます。

これらの栄養について詳しくまとめてみました。

ビタミンBで脂肪を燃焼!

干し芋の栄養成分のビタミンではビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどが多いです。

まずビタミンBでは、ビタミンB1とビタミンB2があって、これらには、脂肪を燃焼して脂肪の蓄積を防ぐはたらきがあります。

特にビタミンB1には、糖質からエネルギーを産み出したり、皮膚や粘膜の健康を維持したりします。

またビタミンB1には脚気(かっけ)という病気を予防するはたらきがあります。

脚気とは、いすなどに座ってひざの下をポンとたたいたときに、正常ならぴくっと足が動くのですが、それが動かなくなる病気ですね。

ビタミンB2は、3大栄養素(糖質、たんぱく質、脂質)からエネルギーや身体をつくるはたらきがあります。

ビタミンB2には、脂肪を効率よくエネルギーに変えるはたらきがあるため、脂質の燃焼には欠かせない栄養素といえます。

そしてまたビタミンB2には、老化を抑えて有害物質を取り除くはたらきもあります。

有害物質とは活性酸素による過酸化脂質などで、これによって細胞の寿命が縮むといわれているので、それを取り除くビタミンB2の存在は大きいですよね。

甘い干し芋にもビタミンCがある!

干し芋にもビタミンCが含まれているんですね。

ビタミンCというと、オレンジとかレモンみたいな、果物に多いイメージがありますけど、甘い干し芋にもあったんですね。

ビタミンCのはたらきのひとつが、コラーゲンを合成することです。

コラーゲンと聞くと、サプリなんかで摂取するものだと思ってましたけど、体内でも合成されていたんですね。

このコラーゲンというのは大変重要な物質で、欠乏すると骨粗しょう症などの病気になってしまいます。

なので、ビタミンCは微量でも大事な役割があるんですね。

ビタミンEで体のサビを取る!

ビタミンEは干し芋の特徴と言える栄養素です。

ビタミンEには、体内のサビを取り除いて、老化を防いだり、体を守ったりします。

また血液中のコレステロールによる動脈硬化を予防するはたらきがあります。

ビタミンEのはたらきには、血流改善、ホルモンバランスの調節などがあります。

また、私たちの皮膚や肌を若く保つ効果もあります。

カリウムが高血圧を防ぐ!

干し芋に含まれているカリウムは大事な栄養素で、これがないと体内のナトリウムを排出できずに、高血圧の状態になってしまうんですね。

高血圧の原因のひとつが、カリウム不足となっているのです。

このカリウムは普通、細胞内液中に存在しています。

またこのカリウムには、心臓機能や筋肉機能を防ぐというはたらきがあります。

このためカリウムは大事な栄養で、腸閉塞を防いだり、筋肉が低下して無気力症になったりするのを防いだりします。

鉄分はヘモグロビンの原料に!

鉄分は健康的な生活をおくる上ではとても大事な栄養素といえます。

鉄分は、赤血球をつくるために必要なヘモグロビンの原料となります。

このヘモグロビンには体中に酸素を運ぶ作用があり、持久力の向上にも役立つ栄養素といえます。

なのでスタミナをつけたいスポーツ選手などは、積極的に鉄分を摂ることが大事になります。

ほかにも鉄は免疫機能を高めるはたらきがあって、風邪などを予防する効果があります。

さらに、美肌や疲労回復の効果もあります。

いい効能がたくさんありますよね。

でもその分、不足したときに受けるダメージは大きいものとなります。

マグネシウムで血糖値を正常に保つ!

干し芋にあるミネラルのひとつが、マグネシウムです。

マグネシウムには、血糖値を正常に保つはたらきがあります。

血糖値が高くなると、糖尿病のほか、高血圧症や、肥満、動脈硬化なども病気になる恐れがあります。

このマグネシウムの多くは骨に含まれていて、不足するとこの骨から遊離することになります。

またマグネシウムには、体内の酵素のはたらきを助けて、心臓や血管を正常にするはたらきがあります。

なので、健康を維持するには欠かせない栄養素だといえますね。

干し芋の栄養には5つの効能があった!

腹持ちがいいのでダイエット効果がある!

干し芋を食べてダイエットになるの?って思うかもしれませんが、干し芋の噛み応えのある食感は、空腹を満たしてくれる食品といえます。

腹持ちがいい食材なんですね。

なのでダイエット中でもおやつとして食べることができます。

そして、しっかりのお腹にたまるので、食欲を抑えることができるんです。

<GI値が低い>

GI値というのは、食べたときに血糖値が上がる速さのことです。

この値が低いと、血糖値が上がりにくく脂肪をため込まずにすむことになります。

このGI値が、干し芋は低いんです。

このことからも、干し芋がダイエットに向いているといえますよね。

スッキリ出て便秘解消に!

干し芋はお腹にたまるといっても、脂肪としてたまるわけではありません。

また干し芋は、ゆっくりと消化された後に腸の中を移動して、速やかに排出されます。

なので便秘解消の効果もあるんですね。

これは、サツマイモに含まれている食物繊維のはたらきによるものなので、便秘がちの人は干し芋を食べてみるといいかと思います。

ちなみに、サツマイモを干し芋にすると食物繊維の量が増えるので、サツマイモで便秘解消の効果がなくても、干し芋では効果が出ることもありますよ!

抗酸化作用で活性酸素を除去できる!

干し芋には体内の活性酸素を除去するはたらきがあって、高い抗酸化作用があります。

これによって細胞の老化を防ぐことができるんです。

体内の活性酸素は、動脈硬化や生活習慣病を招くおそれがあるので、高い抗酸化力は重要なはたらきといえます。

女性にうれしいアンチエイジングの効果も!

誰もが気になることのひとつが、美容ですよね。

干し芋には上記の通り、細胞の老化を防ぐ効果があったり、肌を若々しく保つ効果があるんです。

また、干し芋にはリンパ管の中のリンパ液の流れをよくして、むくみを改善する効果もあります。

なので、肩がこるとか、体がだるいなどの症状がある人は干し芋を食べるのがいいのではないかと思います。

高血圧予防で大病を防ぐ!

高血圧は普段は、症状として出にくいものですが、頭痛がひどかったり、耳鳴りがしたりしたら、高血圧を原因とする大きな病気の可能性があります。

高血圧は、放っておくと脳卒中や心筋梗塞になる場合もあるので注意が必要です。

なので、普段の食事や生活習慣に気をつけることが大事です。

干し芋には、高血圧を予防する効果があるため、積極的に取り入れて高血圧を予防することが大切ですね。

まとめ

ここでは、干し芋についてまとめてみました。

干し芋にはたくさん栄養が含まれていて、いろんな効能があることがわかったと思います。

この干し芋も健康食品のひとつといえそうですよね。

私はこれからも干し芋をたくさん食べていこうと思います!

まとめは以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

茨城県の名産品のひとつが干し芋です。 その干し芋は、いま全国で食べられていますけど、茨城県では特に、「乾燥いも...

あなたは干し芋(ほしいも)のカビってどんなものか知っていますか? もし知らないとすると、あなたはカビを食べてし...

あなたは焼き芋が好きですか? アツアツでホクホクしていつの間にかなくなっちゃうんですよね。 でも、焼き芋だって芋だからカ...

茨城県の魅力は? と聞いてみなさんは、「そんなものないだろう」「いちばん魅力がない県じゃないか」と思いますね。確かにテレビやさ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ



error: Content is protected !!