麦茶を冬におすすめする理由!驚きの6つの効能をあなたは知ってる?

麦茶

麦茶

 

あなたは麦茶を飲んでいますか?

 

麦茶は夏にたまにしか飲まない、という人がいると思います。

 

でも麦茶には、あなたの知らない栄養が本当にたくさん入っているんですよ。

 

そこで、麦茶の効能や栄養についてまとめてみました。

 

この記事は、

・麦茶は夏場に少し飲むだけ飲むという人

・麦茶なんてお茶と一緒でしょ、と思ってる人

・麦茶にどんな効能があるのか気になる人

に宛てています。

 

これを読めば、麦茶のことがよくわかって、麦茶のイメージが変わると思いますよ。そして、これからはもっとたくさん麦茶が飲みたくなるはずです。

 

スポンサーリンク

麦茶はミネラルたっぷり!その驚くべき効能6選!

 

麦茶の効能について、6つにまとめてみました。

ガンの予防

麦茶に含まれるPクマル酸という成分がガンを抑制します。

 

Pクマル酸には、発ガン性のあるペルオキシナイトライトという物質を消し去るはたらきがあるんです。

 

麦茶を飲むだけでガンの予防の効果があったなんて驚きですよね。

 

熱中症の予防

麦茶のよく知られた効果が熱中症予防ですよね。

 

体の中の水分がなくなって、体温が上昇すると熱中症になります。

 

熱中症になると、次のような症状が表れます。

 

・めまいや立ちくらみが起こる

・手足の筋肉がつってしまう

・頭痛や吐き気、嘔吐などが起こる

・異常な汗をかく

・体温が高くなる

・まっすぐ歩けない

・水分補給ができない

 

このような症状がでないように、麦茶を飲んでしっかり暑さ対策をすることが大切です。

 

血行をよくする

麦茶の効能には、血液をサラサラにして、血のめぐりを良くするはたらきがあります。

 

これは麦茶のギャバという成分によるもので、ギャバには血圧を下げるはたらきがあります。

 

このほかにピラジンという成分もあって、血流を良くするはたらきがあります。

 

抗酸化作用がある

先述したPクマル酸には、体を活性酸素から守る、抗酸化作用のはたらきもあります。

 

活性酸素はさまざまな生活習慣病を引き起こす物質なので、それをやっつけるPクマル酸には、すごいはたらきがあることがわかりますね。

 

このため、ガン、脳卒中、心筋梗塞などの病気を予防するはたらきがあるのです。

 

利尿作用がある

これは、麦茶にはおしっこを出しやすくするはたらきがあるということです。

 

麦茶にはナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、亜鉛などのミネラルが豊富なため、利尿作用があるんです。

 

このはたらきにより、膀胱炎の予防の効果もあります。

 

カフェインがない

麦茶にはコーヒーなどにあるようなカフェインは入っていません。なので、幼児でも飲むことができるものなのです。

 

よく夜中にカフェインのものを飲むと眠れなくなるといわれますが、麦茶にはそうした心配はいらないですよね。

 

麦茶の販売ページへ行く

 

冬の麦茶が良い理由は、冬特有の病気を予防するからだ!

 

麦茶が予防する病気はガン、熱中症、脳卒中、心筋梗塞、膀胱炎だけではありません。

 

そのほかに予防する病気は、以下のような冬特有のものがあります。

 

ヒートショックの予防

冬にお風呂に入るとき、温かい居間から出ていって、寒い脱衣所で衣服を脱いで、ブルブル震えながら熱い浴槽に入る、という人もいるのではないでしょうか。

 

このように、温かい居間 → 寒い脱衣所 → 熱い浴槽 というように、短時間のうちに急激な温度変化が起こると、血圧が急激に上昇したり下降したりします。

 

これをヒートショックといいます。このヒートショックは冬の浴槽での突然死の原因のひとつとなっています。

 

このヒートショックを防ぐものとして、ミネラルの入った麦茶が挙げられるのです。

 

麦茶を飲むと、血圧が下がって血流が改善することができます。

 

ヒートショックの対策

 

麦茶を飲むこと以外にも、ヒートショックの対策を知っておくことが大事です。

 

ヒートショックを防ぐためには、居間、脱衣所、浴槽の温度差を小さくすることが大切です。

 

具体的には、脱衣所に暖房器具を入れて、脱衣所の温度を上げておくことや、浴槽に入る前の浴室を温めておくこと、また浴槽に入る前に、腕や足先からお湯に慣らしていって徐々にお湯に浸かるようにすることなどが有効です。

スポンサーリンク

 

ヒートショックはお年寄りや高血圧、糖尿病の方などが影響を受けやすいので、このような方の冬の入浴には特に注意が必要です。

 

冷え性の予防

また温めた麦茶には末梢神経の血流量を増やす効果があるため、冷え性対策になります。

 

冷え性は、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの原因にもなるので、麦茶にはこれらの病気も防ぐはたらきがあることになります。

 

まとめ

 

麦茶には、さまざまな効能がありました。

 

その中でも、ガンの予防効果があったことは驚きでした。

 

麦茶というとどうしても夏というイメージが強いので、熱中症の対策しか考えなかったのですが、ほかにも様々な効能があったのですね。

 

そして麦茶は冬に飲んでもいいということがわかりました。

 

冬の怖い病気はヒートショックですよね。麦茶にはこれを防ぐはたらきもあったんですね。

 

これらのことから、麦茶はたくさんの病気を予防する効能があることがわかりました。

 

美味しい麦茶には驚くべき効果があるのですね!

 

麦茶の販売ページへ行く

 

■その他のおススメに記事はこちらです。

 

ウーロン茶の飲みすぎで胃はどうなる?知らないと怖い悪影響とは!
油っこい料理を食べた後や、汗をかいた後などに、ウーロン茶を飲むことってよくありますよね。 ウーロン茶は口の中の油をさっぱりと流してくれて、のどの渇きも潤してくれる飲み物です。 なので、ウーロン茶を...

 

お茶の出し方|マナーを知らないあなたは恥をかくかもしれない?!
あなたはお茶を飲んでいますか? 今では日本人だけでなく、外国人もお茶を飲むようになりましたよね。 お茶を飲むときは、缶やペットボトルで飲むこともありますが、急須(きゅうす)を使って飲むことが多いと...

 

せんべいの通販!つい手が伸びる逸品や人気のお勧め品を大公開!16選
ちょっとした小休憩や小腹が空いたときに、お茶うけのおせんべいを食べることってありますよね。 その時に食べるおせんべいってすごく美味しいですよね。ついつい2枚、3枚と手が伸びてしまうものです。 でもおせんべ...

 

夏至 冬至 春分 秋分をまとめて何というのか?面白い雑学の解説!
日本では春夏秋冬、つまり暑い時期と寒い時期、だんだん暑くなる時期とだんだん寒くなる時期がありますよね。 そのそれぞれの時期を表す象徴的な日が、夏至(げし)、冬至(とうじ)、春分(しゅんぶん)、秋分(しゅうぶん)...

 

食べ物
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!