坂本雄次マラソントレーナーの後継者は誰?24時間テレビはどうなる?

今年もやってまいりました、24時間テレビです。

今回はなんと、みやぞんさんが24時間マラソンを走ることに決まりましたね。

ここで問題なのが、マラソンのトレーナーの問題です。

実は、毎年走っている坂本雄次トレーナーが引退することになったんです。

ではその跡継ぎはどうなるのか、気になるので調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂本雄次トレーナーとはどんな人?

坂本さんは1947年生まれで、今年で71歳になります。

70歳を超えていたなんて知りませんでしたよね。

前回の2017年はブルゾンちえみさんでしたが、そのときも24時間サポートを続けた坂本さんは、影の立役者といえますね。

また坂本さんの出身は、神奈川県ということです。

坂本さんは地元のマラソンにも力を注いだので、地元では坂本さんを知らない人はいないのではないでしょうか。

マラソンを始めたのは1976年と、意外に遅く、初めは独学でランニングを学んだのだそうです。

また坂本さんは、在籍していた東京電力の陸上部では監督を15年務めた経験があります。

走りの指導者としての経験は十分にお持ちだったのですね。

日本テレビの24時間マラソンには、1992年の第1回目からサポートされています。

2018年の24時間マラソンは?

2018年の24時間マラソンは、先日お笑いタレントのみやぞんさんに決定しました。

そしてさらに今回はなんと、マラソンに加えて、水泳と自転車をおこなうトライアスロン形式になるのだそうです。

みやぞんさんは大変な時に当たってしまいましたね。

ですが、一口にトライアスロンといっても、距離がいろいろあるんです。

ショートレンジ(短い距離)からロングレンジ(長い距離)まで、みやぞんんさんはどれを走ることになるのでしょうかね。

それによって、サポートや練習内容も変わるでしょうからね。

坂本雄次さんの後継者とは?

坂本さんの後継者としてはどんな人がふさわしいのでしょうか。

24時間マラソンでは、あくまでマラソンを走る人がメインとなります。

ですからそのサポート役は、芸能人のような目立つ人ではなく、実績を積んだ経験者のほうが適切なのではないかと思います。

そこで有力な人物がいますのでご紹介します。

それは、飯野航(いいの わたる)さんです。

飯野さんは今年で38歳で、ウルトラランナーといわれ、さまざまな過酷なレースを体験されています。

参加した世界のレースはサハラマラソン、マダガスカルレース、ヴィヴラム香港、Badwater135などがあります。

どのレースも普通のフルマラソンとは比べ物にならないくらい過酷なレースとなっています。

これくらいのレースの経験があれば、24時間テレビのサポートに適任ではないでしょうか。

■飯野航さんについて、以下の記事で詳しくご紹介しています。

テレビ欄を見ていて、気になる人物がいたのでご紹介したいと思います。 気になったのは、飯野航(いいの わたる)さんです。...

まとめ

ここでは坂本さんの後継者について考えてみました。

24時間テレビは毎年話題になる番組なので、マラソンをサポートしてくれるトレーナーが早く見つかるといいですよね!

今年は、みやぞんさんをたっぷり応援したいと思います。

テレビ欄を見ていて、気になる人物がいたのでご紹介したいと思います。 気になったのは、飯野航(いいの わたる)さんです。...

テレビでマラソン中継をしていると、何気なく見てしまうことってありますよね。 白バイや先導車についていって40何キロもよく走れる...

障がい者がどんな生活をしているのか、気になりますよね。 私は足に障害があるのですが、私がどんな生活をしているの...

あなたが知っている障がい者スポーツは何ですか? 障がい者スポーツ? そういわれても、なかなか出てこない人...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ



error: Content is protected !!