健康法|私が2回の入院で学んだ20の方法をあなたは知っているか?

健康な食事

健康な食事

 

あなたは、

「病気になったらもう健康法は考える意味はない」

と思っていませんか?

 

たしかに健康法は病気になったら意味がないように思いますね。

 

でも、健康法は単に「病気を予防するため」だけではなくて、病気になってからも「毎日健康的に過ごすため」に必要なものなのです。

 

私は過去に病気で入院経験がありますが、これから紹介するものは、私が退院してから実際におこなっている方法です。

 

これを読んでいただければ、万が一あなたが病気になったときでも、健康的な生活を送る手助けになるはずです。

 

私の方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「医食同源」の通り食事で考える9つの健康法

1日3食30品目が理想

よく1日1食でいいとか、2食でいいとかいいますが、3食が一番いいと感じます。

 

その理由は、体に何か問題があったときに、食事で対処法を見つけやすい、ということがあります。

 

3食定期的にとることで、いろんな栄養素を用いて、つねに体の不調に対処法を施していくことができますよね。

 

なので、不調も治しやすく、悪化しにくい体となるんです。

 

まごわやさしい

これは、食べたほうが良いものの頭文字をとったものです。

 

まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも

 

これらを摂ることで健康になります。

よく噛む

 

1口30回噛むことが理想です。

 

噛むことはとても大切で、食事前にガムを噛むのもいいことです。

 

そうすることで、早くに満腹感を感じることができて、食べ過ぎをしにくくなります。

 

食べられないものは無理に食べない

人には好き嫌いがあります。

食べられないものがあったとしても、その食材にしかない栄養素などありません。

ほかの食材で補えばいいのです。

 

腹ごなし

 

食事の間隔を6時間空けます。

例えば、朝6時に食べて、昼12時に食べて、夜6時に食べる、というサイクルです。

 

この間隔だと、消化吸収が進む → お腹がすく → 食べる といういいリズムになります。

 

腹八分

よく「シメの一品」といって最後の一品を食べることありますよね。

そのシメを食べる前が、だいたい腹八分です。

 

シメを食べるとお腹いっぱいになってしまいますよね。

 

お腹いっぱいまで食べると、気分が悪くなったり、お腹が痛くなったりします。

 

食後、気持ちよく活動するためにも、腹八分がベストです。

 

茶色のもの(揚げ物)を控える

 

からあげやエビフライ、トンカツなどの揚げ物は油を使っているため、胃の負担が大きくなります。

 

食べ過ぎたら次回を減らす

外食やイベントなどがあると、食べ過ぎてしまう場合もあると思います。

 

そのときは、次回の食事を減らしてバランスを取ります。

 

次の日まで使ってバランスを取るのもいいと思います。

 

朝は多め、昼は並、夜は少なめ

夜ご飯をたくさん食べることがあると思います。

 

でも夜は少なめのほうがいいのです。

 

夜ご飯が少なくてもいいというのは、これからの活動が少ないためです。

 

なので食事は朝にしっかりと取るようにします。

 

食事は朝がいちばん大事なんですね。

生活環境の見直しで考える7つの健康法

早寝、早起き

早寝早起きは生活のリズムの基本です。

よく夜更かししてお昼まで寝ている人がいますが、体の代謝や消化、吸収の効率が落ちてしまいます。

 

睡眠について

これも長ければいい、というものではありません。

個人差はあると思いますが、年齢や体調によってその人にあった時間があります。

 

自分に合った睡眠時間で質のいい睡眠を取るようにしたいですね。

 

なので、寝る前に本を読んたり、書き物をすることをおすすめします。

 

それから、寝る前の2~3時間前にお風呂に入っておくことも効果があります。

 

決まった時間のトイレ

 

朝起きてからご飯を食べたら、必ずトイレに行きましょう。

 

朝はトイレが出ない・・・という人も、朝ごはんの後は必ずトイレに座ってください。

 

毎朝決まった時間にトイレに座ることで、便が出るようになると思います。

 

仕事をやりすぎない

ストレスをため込まないということですね。

時間的にもゆとりを持って生活したいです。

 

癒し(リラックスできるもの)

音楽やテレビ、スマホ、ゲーム、マンガ、ラジオなど、自分が好きなものはやるようにしましょう。

スポンサーリンク

やる時間を決めればリラックスに効果があります。

 

体重の測定

 

体重は毎日決まった時間に測ります。

朝起きた時とか、お風呂を出た時とかですね。

 

継続できるか

健康法は長く継続できるかがポイントになります。

長く続けるほど効果も出やすくなります。

運動で考える4つの健康法

運動は食後に

運動はそれぞれ食事の後がベストです。

いちばんはお昼ごはんの後です。

 

汗をかきやすいですし、昼間なので体も動かしやすいです。

 

1日8000歩

これも多ければいいというものではありません。

あまり多すぎると、足腰や膝を痛めます。

 

8000歩は数回に分けても構いません。

 

音楽を聴きながらとか、計算をしながらとかの運動が、楽しくて効果的です。

 

BMIは22が最も理想的

 

BMIは、体重を身長の2乗で割った値です。

この値が22に近いほど良く、病気になりにくいといいます。

 

BMIを計算せよ!私が体重維持のために実践していること3選

適度に日光に当たる

日光に当たり過ぎはよくありませんが、適度に当たるのはいいことです。

15~20分くらいがいいと思います。

健康的に生きるために、病気のことを理解する

 

健康法は、たとえ病気であっても、できることがたくさんあります。

 

ここで紹介した健康法は、どんな人にも当てはまるものだったと思います。

 

「病気になっても健康的な生活を送ることができるんだ!」

と感じていただければ嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

■関連記事はこちらです。

 

足が不自由な人の生活を教えます!私がやりたい事の難易度とは?
障がい者がどんな生活をしているのか、気になりますよね。 私は足に障害があるのですが、私がどんな生活をしているのかをまとめてみました。 また、やってみたいことはいろいろあるので、それを書いてみました...

 

足がつったときの対策!実は身近な食べ物でも予防できるって本当?!
あなたは寝ているとき、足がつることはないですか? 私はたまにつるんです。寝ているときは無防備ですから半端ない痛さなんですよね。 では、どのようにすれば足がつるのを防げるのでしょうか。 ...

 

障害者手帳で割引になる施設やサービスは!ホテルや新幹線も格安に?
障害者手帳は、障害者なら誰でも受け取ることができる手帳です。 私は、もう10年以上障害者手帳を使っていますが、以前は病院や薬局でしか使うことはなかったんです。 障害者手帳は医療関係に使うものだと思...

 

病気と健康
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!