立春、立夏、立秋、立冬の読み方と意味!美しさを表す言葉の謎とは?

四季

日本の季節

 

日本には春夏秋冬という、美しい季節がありますね。

 

季節の変化というのは、生活の中で感じることができるものです。

 

積もった雪が溶け始める。

カエルが鳴き始める。

涼しい風が吹く。

水道の水が冷たく感じられる。

 

また季節が変化することは、次の季節が始まることでもあります。

 

暦(こよみ)の上では、季節の変わり目といわれる立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)の4つを合わせて、四立(しりゅう)といいます。

 

では、それら四立の共通点と相違点は何なのでしょうか。それについてまとめてみました。

 

この記事は、

・日本の季節が好きな人

・季節の変わり目が気になる人

・季節の美しさを表す言葉の謎を知りたい人

に宛てています。

 

これを読むことで、季節を表す言葉の謎が理解できて、これからは今以上に日本の季節が好きになるはずですよ!

スポンサーリンク

四立(しりゅう)それぞれの読み方と意味

 

四立はどんな日なのか、読み方と意味について詳しく見てみましょう。

 

立春(りっしゅん)は暦の上で春が始まる日

立春は、春の初めの2月4日頃のことをいいます。暦の上では春の1日目となっています。

 

また、立春は以下のような様々なことの始まりとなる、基準の日となっています。

 

春一番(はるいちばん)

春一番とは、立春後その年に初めて吹く強い南寄りの風のことをいいます。

 

つまり立春前の風は春一番にはなりません。

 

八十八夜の別れ霜(はちじゅうはちやのわかれじも)

八十八夜とは、立春から数えて88日目です。毎年5月2日頃にあたります。

 

これは、気候が温かくなってから降りる霜のことをいう言葉で、これ以降霜は降りないとされています。

 

二百十日(にひゃくとおか)

立春から数えて210日目のことをいいます。

 

毎年9月1日頃にあたるこの日は、稲が開花する大切な時期なのですが、台風が襲来して農業に大きな悪影響を与える厄日とされています。

 

立夏(りっか)は暦の上で夏が始まる日

 

立夏は、夏の始まる日で、5月6日頃のことをいいます。

 

ゴールデンウィークにあたる

このころは、ぽかぽかした陽気で過ごしやすい時期です。

 

みんな旅行や遊びに出かけてしまうので、立夏はいつのまにか過ぎている、ということが多いと思います。

 

蛙(かえる)が鳴き始める

このころは、オタマジャクシがカエルに成長する時期です。

 

カエルの鳴き声に耳を傾けるのも一興ですね。

 

立秋(りっしゅう)は暦の上で秋が始まる日

 

立秋は、秋が始まる日で、8月8日頃のことをいいます。

 

このころは子どもたちは夏休み真っ最中ですね。まだ厳しい暑さが続く時期です。

 

残暑(ざんしょ)

立秋を過ぎた暑さを残暑といいます。

暦の上では秋となっているのに、暑さが残っているという意味ですね。

 

梅雨明け(つゆあけ)の発表をしないこともある

気象庁は、立秋を過ぎても梅雨が明けない場合、基本的には梅雨明けの発表をしません。

 

立秋は8月8日頃ですから、そこまで長雨が続いた場合、梅雨明けを発表して夏が来たことを伝えても、暦の上ではすでに秋が始まっていますからね。

 

立冬(りっとう)は暦の上で冬が始まる日

 

立冬は、冬が始まる日で、11月8日頃のことをいいます。

 

木枯らし1号(こがらしいちごう)が発表される時期

木枯らしとは、晩秋から初冬にかけて吹く、風速8m/s以上の冷たい北よりの強風のことをいいます。

 

その最初の木枯らしを、木枯らし1号としています。

 

紅葉(こうよう)が見られる

暦の上では冬ですが、各地で紅葉が見られます。

 

このころから気温の差が出てくるようになって、体調を崩しやすくなる時期でもあります。

 

四立の中間にあたる季節とは?

 

季節の分け目と季節の分け目の中間とは、季節の最盛期ということになります。

 

つまり具体的には次のようになります。

 

立春と立夏の中間は、春分(しゅんぶん)

春分は、「春分の日」として祝日になっており、毎年3月20日頃となっています。

 

この日は昼の長さと夜の長さが同じになる日です。

スポンサーリンク

 

立夏と立秋の中間は、夏至(げし)

夏至は、一年のうち、昼の長さが最も長くなる日とされています。

 

毎年6月21日頃となっています。

 

立秋と立冬の中間は、秋分(しゅうぶん)

秋分は、「秋分の日」として祝日になっており、毎年9月21日頃となっています。

 

この日も春分と同様、昼の長さと夜の長さが同じになります。

 

立冬と立春の中間は、冬至(とうじ)

冬至は、一年のうち、昼の長さが最も短くなる日とされています。

 

毎年12月21日頃となっています。

 

四立の前日はすべて「節分(せつぶん)」

 

節分というと、立春の前日の2月3日を思い浮かべますが、実は立春だけでなく、立夏、立秋、立冬の前日もすべて節分になります

 

つまり節分は年に4回あります。

 

そもそも節分とは、「季節を分ける」という意味で、それは季節の変わり目を意味しています。

 

具体的には、

冬から春へ季節が変わる。

春から夏へ季節が変わる。

夏から秋へ季節が変わる。

秋から冬へ季節が変わる。

と、年に4回季節が変わるのです。

 

春夏秋冬がある日本では当然のことですよね。

 

季節が変わるから、日本は美しい

 

日本には春夏秋冬という四季があって、それぞれによさがあります。

 

それらの四季を感じることができるのは、素晴らしいことだと思います。

 

立春、立夏、立秋、立冬について、それぞれの魅力は伝わりましたでしょうか。

 

これ以外にも季節を表す言葉は、日本にはたくさんあります。

 

いつもその魅力を味わって生活を送りたいですよね!

 

以上が、まとめとなります。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

夏至 冬至 春分 秋分をまとめて何というのか?面白い雑学の解説!
日本では春夏秋冬、つまり暑い時期と寒い時期、だんだん暑くなる時期とだんだん寒くなる時期がありますよね。 そのそれぞれの時期を表す象徴的な日が、夏至(げし)、冬至(とうじ)、春分(しゅんぶん)、秋分(しゅうぶん)...

 

落雷の対策|家電機器を守るために絶対に欠かせない3重の対策とは?
パソコンで動画を見たり、テレビゲームで遊んだりするのってとても楽しいですよね。 でもそれらが使えなくなることを想像したことがありますか? 「そんなことは起こらないからわからない」 と...

 

夏はいつから始まっていつ終わる?季節の移り変わりを見逃すな!
真夏日だ、猛暑日だと暑い日が続くと、この暑さはいつまで続くの?と思ってしまいますね。 そもそもこの暑さはいつから続いているのか、いつからこの暑さを我慢し続けているのか、わからなくなりますよね。 で...

 

雑学・豆知識
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!