ロト7の私の買い方!初めての人でもわかる夢の大金ゲット作戦とは?

あなたは10億円あったら、どんなことに使いますか?

宝くじを買うと、決まってこの話で盛り上がりますよね。

実際に宝くじで10億円を当てた人は存在するわけで、宝くじを買うかぎりそれがあなたになる可能性もゼロではないんですよね。

一口に宝くじといっても、現在日本で買える宝くじの種類はいくつかあるんですよね。

そこでここでは、10億円をゲットできるチャンスがあるロト7についてまとめてみたいと思います。

お金はいくらあっても邪魔になる人はいないですよね。

私もその夢の大金をゲットすべく、実際にロト7を購入してみました!

ですので、その私のロト7の買い方をご紹介したいと思います。

この記事は、

・ロト7をあまりよく知らない人

・宝くじを楽しんでみたい人

・いつか大金をゲットしたいという夢がある人

に宛てています。

この記事は、宝くじを買ったことがない人やあまり知らない人でも、わかりやすい内容となっています。

私の宝くじの買い方や楽しみ方をご紹介しますので、宝くじを購入する際には参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロト7には10億円の夢が詰まっている!

先ほども書いたように、宝くじにはいろんな種類があります。

連番とバラで買うジャンボ宝くじのほか、その場で当たりがわかるスクラッチや、自分の好きな数字を選ぶナンバーズロトなどがあります。

スクラッチやナンバーズは比較的当たりやすいくじですが、最高の1等でも1,000万円くらいなんですね。

1,000万円でもすごい金額ですが、もっと高い10億円が当たる宝くじがロト7なんです。

ジャンボ宝くじでも10億円が当たるのですが、ジャンボ宝くじの場合は1等のほかに前後賞も含めて10億円なんですね。

つまり最低3枚買わないと10億円に届かないわけです。

その点ロト7では、誰も当たらない(キャリーオーバー)場合、最高の10億円を1枚で当てることができるのです!

というわけで、ロト7には10億円の夢が詰まっているのですね!

ロト7はどこでどうやって買う?

ロト7は1枚300円で、街中にある宝くじ売り場のほかに、ネットやコンビニでも買えます。

私は以前コンビニで買おうと思ったのですが、近所のコンビニでは買うことができませんでした。

なので私は宝くじ売り場で買っています。

宝くじ売り場には、「ジャンボ宝くじ2等当選!」とか「ロト7 3等当選!」など、そこの店舗でどんな賞が出たのかが表示されているんです。

それらをただ眺めるだけでも、実際に当たっている人がいることがわかって、すごくテンションが上がるんですよね。

ロト7の買い方は簡単で、1~37までの数字の中から自分の好きな数字を7個選ぶだけです。

そして選んだ7個の数字のうち4個以上当たれば当選になるのです。

ちなみに宝くじを買うときは、数字を書き込む紙や鉛筆などは自由に使えますので、こちらで用意する必要はないですよ。

ロト7は週に1回金曜日に抽選があります。

宝くじの種類によって、週に2回抽選したり、毎日抽選するものもあって、抽選する曜日もバラバラなので注意が必要です。

私が実践してる夢の大金ゲット作戦とは?

ここでは、どのようにすれば10億円という大金をゲットできるのか、私が実践している買い方をご紹介します。

初めての人でもわかりやすく説明しますので、参考にしてくださいね!

ロト7はどんなタイミングで買ったらいいのか?

それでは、夢の10億円を目指してロト7を買いに行きましょう、といいたいところなんですが、ちょっと待ってください。

ロト7はいつ買っても同じ、というわけではないのです。

確かに、当たる確率はいつ買っても同じです。

ですが買う時期によって、当選金額が違ってくるのです。

同じ1等が当たった時でも、2億円のときもあれば10億円のときもあるのです。

ですので、ロト7は買うタイミングが重要になるわけです。

10億円を狙うのであれば、ロト7ではキャリーオーバーを狙うのが不可欠になります。

キャリーオーバーとは、1等の当選者がいなかった場合にその当選金を次回の抽選に持ち越すというものです。

このキャリーオーバーがあるのとないのでは、当選金額に大きな差が出ますので、私はいつもキャリーオーバーがある時期に買うようにしています。

クイックピックで意外な組み合わせを狙う!

ロト7の数字を選ぶときは、7個の数字をコンピュータに選んでもらうことができます。

それはクイックピックといって、コンピュータが自動的にランダムに選んでくれるのです。

クイックピックでは、自分の選ばないような数字を選ぶことができるので、意外な組み合わせを選ぶことできるのですね。

例えば自分で選ぶ場合、1~37までの中から7個の数字を選ぶときは、1番代から2つ、10番代から2つ、20番代から2つ、30番代から1つと平均的に選んでしまうことがあります。

でもクイックピックでは、1番代は無し、10番代は2個、20番代は5個、30番代は無しというように、すごく偏った買い方になる場合があるのです。

普通は20番代が5個も来るはずがないと思って、こんな数字を買うことはないですよね。

実は、この20番代が5個も来るはずがないと思い込むことが落とし穴なのです。

実際はどんな数字を選んでも、来る確率は同じなのです。

数字を選ぶときについ抱いてしまう先入観や思い込みは、視野を狭めるものなので気をつけたいところですね。

ロト7は1枚だけ買う!

ロト7は1枚300円になります。

なので何枚も買ったらすぐにお金がなくなってしまいます。

もっとも、お金持ちの人ならたくさん買えるでしょうけどね。

先にも書きましたが、ロト7は1枚で10億円を狙えるくじなので、1枚だけでも十分楽しめるくじなのです。

1週間に300円だったらそんなに負担にはならないはずです。

ロト7をとにかく長く買い続けること

ロト7で大金をゲットしたいなら、とにかくずっと買い続けることしかありません。

長く買い続けるためには、

・普段の生活で無駄使いしない

・無理のない金額で買う

・キャリーオーバーの有無をチェックする

などが大切になります。

ロト7の当選発表をライブ中継で楽しもう!

ロト7を購入したら、あとは結果発表を待つだけですね。

ロト7の結果発表は次の3つの方法で行われます。

・金曜日にネットでロト7の抽選模様の動画が公開される

・金曜日の抽選後、ネットの宝くじのサイトで確認する

・土曜日の新聞に当選番号が掲載される

たいていは土曜日の新聞で確認する人が多いと思いますが、わたしは金曜日のネットの抽選模様を見ることをおすすめします。

宝くじの公式サイトでは、金曜日の夕方18:30頃からロト7の抽選の動画が見られるんです。

この動画は、ロト7の購入のいかんに関わらず誰でも無料で見られるものです。

このロト7の抽選の動画では、たくさんのボールを使って数字を抽出する様子がライブ中継されます。

なので臨場感たっぷりで、1つ1つ数字を決めていく模様がとてもワクワクして楽しいですよ!

まとめ

ここではロト7の買い方や、10億円を目指す私のやり方などを説明しました。

10億円がもし当たったら、世界一周旅行に行って、美味しいものを食べまくってもまだまだ余裕がありそうですよね。

まだロト7を買ったことがないという人は、ぜひチャレンジしてみるといいと思いますよ!

たくさんの夢を描きつつ、私はこれからもロト7を買い続けていこうと思います!

https://www.jon123.com/sekaiisshuu/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ



error: Content is protected !!