床屋で好みの髪型に頼めない!病院での雑なカットがトラウマに!

床屋

髪切りに行こう

 

髪を切るのに床屋に行って切るという人、多いと思います。

 

若いころ一時期は美容室に行っていたのですが、最近は近所の床屋のほうが楽なので・・・

 

それで、私も2カ月に1回ぐらい床屋に行ってるんです。

 

2カ月っていうスパンもどうなんですかね。長いんでしょうか、短いんでしょうか。

 

そのスパンも少しずつ長くなっているんです。

 

これって、髪が伸びるスピードが遅くなってるってことなんでしょうか。

 

確かに、学生の頃は1カ月に1回くらいは床屋に行っていたんですよね。

スポンサーリンク

床屋ではいつも頼み方に迷ってしまいます

 

それでいつも思うのですが、髪型の頼み方がいまいちわからないんです。

 

いつも入って椅子に座るなり、

「いつもと同じで」

って言ってしまうんですよね。

 

本当はいいたくないんですけど、この言葉。

 

でも言ってしまうので、毎回自分好みの髪型にはできないんです。

 

私にはちょっとしたトラウマがあって、いいにくいんです。

 

でも私のように床屋でうまく頼めてない人って、結構いると思うんです。

 

だから床屋で自分好みの髪型にすることについて、真剣に考えていきたいと思います。

行きつけの床屋の良いところは何でしょうか?

 

行きつけの床屋に行くのは、近いからです。

 

ほんとに、歩いて5分のところにあるんです。

 

近くにあるので、雨の日でも行けるし、空いている時間に行くことができるんです。

 

床屋が近くにあることって、かなり便利なことなんです。

 

遠いと行くのに時間がかかってしまったり、長時間待たなければいけないこともあると思うんです。

 

そのような心配がないところはいいですね。

 

それから、行きつけの床屋がいい理由は、安くしてくれるという点です。

 

もう私は20年は通っているので、常連となっているわけです。

 

ちなみに、私が床屋に行った回数は、2カ月に1回のペースだから、1年で6回行くことになりますよね。

 

それが20年続くのですから、

6 × 20 = 120

となりますから、私は今まで少なくとも120回は床屋にっていることになります。

 

その間、床屋の店員は変わっていません。

 

なので120回も行っているのだから、常連になるのも当然ですね。

 

行きつけの床屋では毎回、料金を安くしてくれる!

安くしてくれるというのは、常連だけの特権かもしれませんが、かなりうれしいことですよね。

 

ほかにも、帰りにおやつをくれたり、イベントの割引券をくれたりします。

 

こういうサービスも行きつけのいいところだと思います。

 

そのお菓子も小さな駄菓子ではなく、かなり大きなサイズのお菓子なのです。

 

では、床屋の悪い点はどんなことろなのでしょうか?

 

髪を切ってくれるところには、1000円カットというところもあるので、そこと比べると床屋は時間がかかります。

 

床屋では髪をきるだけでなく、ひげ剃りや首のマッサージなどもしてくれてサービスの内容に違いがあるため、時間がかかってしまうんですけどね。

 

自分好みの髪型に頼めない

床屋には独特の雰囲気があって、よく顔の知った常連が細かく説明する空気ではないんです。

 

特に私は雰囲気の飲まれています。

 

床屋には、いつもと違うことがあるとつっこんで聞いてくるという傾向があります。

 

床屋の店員さんとは多かれ少なかれ話をすることになります。

 

新しい服を着ていくだけでも話の話題になります。

 

なので、髪型を変えようとすると、どうして変えるの?っていわれてしまうんですね。

 

それがいやなんですよね。

 

それに床屋にはたくさん人が来るので、みんなに広まるのなんかあっという間です。

 

本当ならば、ここできちんと自分の希望の髪型を伝えるべきなんでしょうね。

 

病院に入院しているときも好きな髪型を選べませんでした

 

私は体を壊して入院してたことがあります。

 

6カ月くらい入院していましたが、その間に髪を切ってもらうことがありました。

 

入院したことがない人は知らないと思いますが、病院にも床屋ってあるんですよ。

 

病院には、長い治療が必要な方や、歩くのが困難な人がたくさんいます。

 

そういう人のために、病院内に髪を切ってもらえる場所があるんです。

 

でもそこは、やり方が雑です。

 

髪を切る人は病棟ごとにまとめてやるので、人数がたくさんいるんですね。

 

だから、切るのはどうしても雑になってしまうのでしょうね。

 

それでこのとき、髪型は選べません。

みんな坊主でした。ひどいですよね。

 

病院での苦い経験がトラウマになっています

スポンサーリンク

 

病院で坊主にされた経験から、店員さんに髪型を頼みづらくなってしまいました。

 

「いつもと同じで」

といえば、理想の髪型ではないものの、いつもだいたい許容範囲にはしてくれるので、そういってしまうんですね。

 

細かく前髪をこうして、タレントのあの人のような・・・と説明すると、どうして?とつっこまれて、言葉に詰まってしまいそうなんです。

 

まとめ

 

床屋で髪を切るというのは気持ちのいいことですよね。

 

自分の好きな髪型になったら最高だと思います。

 

ただあなたも病院で髪を切ってもらうことがあったら気をつけてくださいね。

 

坊主にされてもあまりショックを受けないように・・・。

 

優しい床屋さんなら気を使ってくれるはずですからね。

 

以上が、まとめとなります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

■関連記事はこちらです。

 

自分で散髪する方法!バリカンを使えばカット代を大幅に節約できる!
あなたはどのくらいの割合で理容室で散髪していますか? どんな人でも髪は伸びるので、散髪にも結構お金がかかりますよね。 いまでは1,000円カットというお店が人気になっていますから、それだけカット代...

 

白髪は抜くと増えるって本当なのか?知っておきたい4つの予防法!
鏡を見て、ふと自分の髪の色が気になることってありませんか。 髪の毛の中に白髪があると結構目立つんですよね。 白髪を見つけると、なんだか老化が進んだみたいに感じてしまいます。 なので、...

 

寝癖の直し方!男の髪を素早く簡単にセットできる4つの方法とは?
朝起きて鏡を見ると、寝癖がついている!という経験はありませんか? でも朝は忙しいので、ゆっくり髪をセットしてる時間はないですよね。 でも髪が短い男性は、寝癖に関しては無防備なことが多いようです。 ...

 

大人でも楽しめるマンガのおすすめ!30代の私がハマった作品12選!
あなたは普段マンガを読んでいますか? 10代、20代でマンガを読んでいても、大人になると仕事が忙しくなって、マンガを読まなくなることもありますよね。 読んでいたマンガが終わってしまって読むのをやめ...

 

悩み
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!