チョコはコロンブスが発見?知らなかったチョコレートの雑学

チョコレート

チョコレートは好き?

 

あなたはチョコレートが好きですか?

 

チョコレートというと、お菓子に使ったりスイーツに使ったり食べ方はいろいろあると思います。

 

私はチョコレートというと、チョコレートファウンテンが好きなんです。

 

チョコをドロドロに溶かして、それにマシュマロとかバナナ、いちごなんかをつけて食べるものですね。

 

バナナをチョコにつけると、屋台のチョコバナナそのものですよね。

 

チョコレートにはいろんな食べ方があるんですね。

 

そこで今回は、チョコレートに関することや豆知識や雑学などを書いてみました。

スポンサーリンク

チョコレートの歴史

 

チョコレートはメキシコで生まれたといわれています。

 

チョコレートの原料であるカカオは、マヤ文明やアステカ文明でも栽培されていました。

 

そんな大昔から作られていたなんて驚きですよね。

 

初めてチョコレートを発見したヨーロッパ人は、コロンブスといわれています。

 

しかしこのころのチョコレートは飲み物だったそうで、味が悪く、コロンブスは興味がなかったといわれています。

 

このころのチョコレートは薬として飲用されていたそうです。

 

その後カカオ豆の栽培は、アジアやアフリカに広がっていきました。

 

チョコレートが食べ物になったのは1800年代で、これでチョコレート産業が発展していくことになりました。

 

豆知識ですが、カカオは、正式にはテオブロマ・カカオといいます。

 

このテオブロマとは、「神様の食べ物」という意味があります。

 

チョコレートの原料

 

チョコレートは、ココアバターにカカオマスを加えて、砂糖やミルクを入れたものです。

 

ココアバターもカカオマスもカカオに含まれている成分です。

 

ココアバターとはカカオバターともいいます。

 

これはカカオ豆に脂肪分として含まれています。

 

カカオマスとはカカオ豆の胚乳を焙煎して冷却したものをペースト状にしたものです。

 

チョコレートの栄養

 

チョコレートには健康にいい栄養素がたくさん含まれています。

 

昔から薬とされてきたのはさまざまな効能があるからです。

 

カカオポリフェノールにはコレステロールを抑えて動脈硬化を防ぐはたらきがあります。

 

また抗酸化作用によって、ガンを予防したり、ストレスへの抵抗力を強めることもできます。

 

チョコレートの代表的な栄養素として、テオブロミンというものがあります。

 

あまり聞きなれない言葉ですが、これは「神様の食べ物」という意味があります。

カカオのテオブロマと同じ意味ですね。

 

テオブロミンの効能にはリラックスの効果があります。

そして基礎代謝を高める効果もあり、ダイエットの作用もあります。

 

さらに、脳を活性化して、集中力を高める効果もあります。

 

またカルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラル類も多く含まれています。

 

さらに食物繊維も含まれていて、便通をよくして、生活習慣病の予防にもなります。

 

チョコレートの注意点

 

チョコレートにはいい栄養素が入っているとはいえ、高カロリーな食べ物であることには注意が必要です。

 

食べ過ぎると、体重が増加して糖尿病の恐れがあります。

また胃もたれやお腹をこわすこともあります。

 

さらに、食べ過ぎると眠れなくなるという症状もでることがあります。

 

せっかくチョコレートにはいい栄養素がたくさんあるのに、食べ過ぎてしまったら意味がありませんね。

 

ですから食べ過ぎず適量を摂るようにしましょう。

 

チョコレートの雑学

・チロルチョコが20円のわけ

小さくて四角のチョコといえばチロルチョコですね。豆知識ですが、このチロルとはオーストリアのチロル州からきています。

 

チロルチョコは10円で売られていましたが、これにはバーコードを入れることができませんでした

 

なので、形を3cmにして、20円で売られるようになりました。

 

板チョコに溝がある理由

スポンサーリンク

 

板チョコにある溝にはどのような意味があるのでしょうか。

 

私たちはチョコを食べるときは、いつもその溝でチョコを割って食べていますよね。

 

でもその溝は割って食べるためのものではなかったんです。

 

実は、製造工程でチョコを冷やして固める際に、溝を作ったほうが効率よく固めることができるのです。

 

チョコが平面だと中心部に熱が伝わりにくく、固めるのに時間がかかってしまうんですね。

 

つまり溝を作ることで、チョコの表面積を大きくして固める時間を早くし、作業の効率化をはかったのです。

 

・ガムとチョコを一緒に食べると

 

私たちが普段食べているガムとチョコレート。

これらを一緒に食べると、不思議なことが起こります。

 

ガムはふつう噛んでいても溶けることはありませんよね。

数十分噛んでいても溶けません。

 

でも、チョコレートと一緒に食べると、ガムは溶けてしまうのです。

 

これは、チョコレートに含まれるココアバターがはたらくためです。

 

ガムは酢酸ビニルという有機物でできていて、普通はだ液の成分で溶けることはありません。

 

しかし、ココアバターには口の中で溶ける柔らかい油脂が含まれるため、この油脂がガムを溶かしてしまうのです。

 

チョコレートはこれからも食べたい

 

チョコレートにはたくさんの栄養があることがわかりました。

 

いまではたくさんの種類が売られていますが、どれも魅力的ですよね。

 

チョコレートは食べ過ぎに注意することが大切です。

 

健康に留意して、これからもチョコレートを食べていきたいと思います。

 

まとめは、以上となります。

 

よかったらこちらもどうぞ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

■関連記事はこちらです。

 

バレンタインデーの由来の説明!女性がチョコを贈るのは日本だけ?
2月14日といえばバレンタインデーですよね。 この日はほとんどの男性、特に年頃の学生などは、朝からドキドキしてるのではないでしょうか。 最近では、男性が自分で買う「マイチョコ」や友達同士で好感する...

 

バレンタインデーに贈るおすすめのチョコレートのランキング10!
バレンタインデーにはどんなチョコレートを贈ろうか迷いませんか? 最近では女性から男性へ、というだけでなく男性から女性へとプレゼントする事も増えていますね。 どんなチョコレートを贈ろうか迷うのは、女...

 

バレンタインデーにあげる安いチョコのおすすめを私が星5つで評価!
また今年もやってきます。ドキドキのイベント、バレンタインデーですね! 本命以外のチョコを、義理チョコをと呼んでいましたが、今では、友達同士で贈り合う「友チョコ」や、お父さんやおじいちゃんにあげる、「パパチョコ」...

 

雑学・豆知識食べ物
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!