ブックオフの買取に必要なものとは!低額査定でも満足できた理由は?

あなたはブックオフで本を売った経験はありますか?

ブックオフといえば、全国にある古本屋さんですよね。コミックなどのたくさんの書籍を買ったり売ったりすることができますよね。

ブックオフで売るときは、店頭に持ち込む買取と、出張買取ができます。

そこで実際に、お店にコミックなどを持って行って、店頭買取を体験してみました。

この記事は、

・ブックオフで本を買っている人

・ブックオフで本を売ろうと考えている人

・どんな本が売れるのか気になる人

に宛てています。

これを読めば、ブックオフで本を売るときに迷うことはなくなると思います。

ブックオフを利用するときにはぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブックオフの買取に必要なものはたった1つ!

どんな人でもたった1つ必ず必要になるのが、身分証明書です。

ブックオフのホームページの買取のルールによると、身分証明書の種類は、

・運転免許証、運転経歴証明書

・保険証

・福祉手帳

・住民基本台帳カード

・パスポート

・学生証

・在留カード、特別永住者証明書

などとなっています。

この中のどれかひとつを持っていけばいいんですね。

基本的に、「氏名、住所、年齢」が確認できて、有効期限内のものであれば身分証として認められます。

またここには載っていませんが、顔写真入りのマイナンバーカードも使えますよ。

私は免許証もパスポートも持っていないので、マイナンバーカードを使いました。

マイナンバーカードには氏名、住所、年齢がバッチリ入っていますからね。

ブックオフは数少ないマイナンバーの活躍の場なのです。

買取できないものがあるので注意!

コミックやマンガでも買い取ってもらえないものもあります。

・少年ジャンプのような週刊誌

・同人誌

・書き込みがあるもの

・破れ、切り取りがあるもの

・日焼け、カビ、シミがひどいもの

・同一アイテム2点以上

などが買い取り不可となっています。

買い取り不可でも持ち帰る必要はない

ブックオフで本を売るとき状態が悪かったり買取の基準に適していない場合は、買い取り不可となる場合があります。

買い取り不可になると、わざわざ家から本を持ってきたのにまた持って帰るのは面倒だな、と思いますよね。

でも、ブックオフでは買い取り不可の商品は無料で処分してくれるんです。

なので家から持ってきた本は、どんな状態であっても持ち帰る必要はないのです。

言い換えれば、ブックオフの買い取り不可というのは、0円で買い取り、ということです。

ですのでブックオフで売った帰りは、いつも手ぶらで帰ることができるということですね。

持ってきた本は、すべて幾ばくかの現金にすることができるのです。

これは楽ですね。

ブックオフで買った古本も売ることができる!

本を売るときは別に新品である必要なないんですね。

もちろん、新品の方が買取の価格は上がるんでしょうけどね。

古本屋さんで買った古本も、普通に売ることができるのです。

古本屋さんはどこでもいいんですよ。どこで買った古本でも買い取ってくれるんです。

つまりブックオフで購入した100円のマンガも10円で売ることができるということです。

逆をいえば、10円で売ったマンガが100円で売られているということですけどね。

ブックオフは低額査定なのに満足できる理由は?

「ブックオフの査定は安いからやめておけ」

といった声をよく耳にします。

確かにブックオフよりも高く買い取るお店は、ネットで探せばたくさんあります。

でもブックオフの良さは買取価格ではなく、査定のスピードにあると思っています。

ブックオフは査定のスピードがすごく速いんです!

スピードって大事じゃないですか。

ブックオフではいつでも店頭に持ち込めば、すぐ査定をしてくれます。

私は以前150冊くらい店頭買取に持ち込んだことがありますが、そのときも1時間くらいで査定してくれました。

そのスピードはうれしかったですね。査定価格は低かったですけど満足できました。

でもネットではそうはいきませんよね。

買取の申し込みをして、取りに来てもらって、それから査定ですから、ブックオフより断然時間がかかるんですよね。

ですからスピードを重視するなら、ブックオフが一番いいんです。

「タイム・イズ・マネー」といいますからね。

事前に知っておきべき!コミックの買取価格は?

ブックオフではコミックを100円で買えるということは知っていると思いますが、コミックを売るときは一体いくらで売れるのか、気になる人もいると思います。

実は、ブックオフではコミックの買取は、10円~となっています。

10円~というのは、本の状態や人気の度合いによって増加することもあるということです。

コミック1冊10円は安いのでしょうか?

知り合いに古本の買取の相場を聞いたところ、コミック1冊10円はネット買取を除いて、どこの古本屋さんでも一緒とのことでした。

その彼によると、古本屋さんの中でもブックオフは全国規模のお店なので、たくさんのお客さんのニーズに応えるために数多くの種類のマンガを集めているそうです。

ですので、古くて人気がないマンガやほかの店では値段が付かないマンガも、最低10円では買い取ってくれるお店なんだそうです。

もちろん、落書きや破れなどがないなどの査定基準はありますけど、そういった査定基準を通れば、どんなマンガでも買い取ってくれるんです。

やはりそれは全国展開してるお店だからなんでしょうかね。

どんなにつまらないマンガでも、それを欲しがる人は必ずいると考えているのでしょうね。

ブックオフで買取価格を上げるには?

商品の状態を良くすることや新しいもの、人気があるものが高く買い取ってもらえますが、それ以外にも買取価格を上げる方法があります。

クーポンを利用する

たまに折り込みのチラシに、ブックオフの買取価格アップのクーポンが入ってくることがあります。

だいたい買取価格10%アップのクーポンになります。

少しでも買取価格を上げたいのなら、このクーポンを使うといいと思います。

クーポンは折り込みチラシ以外にも、ブックオフで買い物をしたときにもらえる場合もあるようです。

出張買取を利用する

ブックオフでは店頭買取よりも出張買取の方が買取価格が上がります。

同じ状態の本でも価格が違うんですね。

でも出張買取の場合、その場では買取金額はわからないので注意してください。

後日査定金額がわかって、それでOKかどうかを確認します。

ですので、店頭買取のような査定のスピードはないですね。

JAF会員優待を利用する

車を運転する人ならJAFに加入していると思うんですけど、そのJAFの会員証を使うことでも買い取りの価格を上げることができる場合があるのです。

JAFは、カラオケが安くなったり牛丼が安くなったり、いろんな会員特典があるんですけど、ブックオフでもお得に使えるんですね。

■JAF会員がお得に利用できるサービスについてまとめました。

あなたはJAF(ジャフ)に入っていますか? 車を運転する人ならJAFに入っている人は多いと思いますが、なかには毎月お金を払って...

もしブックオフで1万円を使ったら

ブックオフで1万円を使ったときを考えてみます。

仮にマンガ1冊すべて100円だったとします。

すると1万円で、

10,000÷100=100(冊)

となって、マンガを100冊購入できますよね。

でもこれで終わりではありません。

マンガ100冊が読み終わったら、すべて売りに出します。

すると、1冊10円なので、

100×10=1,000(円)

となり、手元に1,000円が戻ってきます。

そしてその1,000円でまた1冊100円のマンガを買いますと、

1,000÷100=10(冊)

となり、マンガ10冊を購入できますね。

そしてまたそのマンガ10冊を売ると、

10×10=100(円)

となって、手元に100円が戻ってきます。

その100円でさらに1冊の本を買います。

すると、合計で、

100+10+1=111(冊)

となって、1万円で合計111冊のマンガを読むことができるのです!

まとめ

ここではブックオフの買取についてまとめてみました。

本を売るときは、身分証だけ持っていけばいいので簡単だと思います。

ただブックオフの店舗は、まだまだ少ないと感じます。

私の住む田舎にもぜひブックオフを作ってほしいです!

本が好きなあなたには、当サイトの以下の記事もおすすめです。

■私の好きなマンガについてまとめました。

あなたは普段マンガを読んでいますか? 10代、20代でマンガを読んでいても、大人になると仕事が忙しくなって、マンガを読まなくな...

少年ジャンプ、人気ありますよね。 いまは電子書籍の時代、なんていわれたりしますが、月曜日のコンビニにはジャンプを読む人で溢れか...

■大河ドラマ「西郷どん」の原作者、林真理子さんについてまとめました。

2018年の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」の原作者は、林真理子(はやし まりこ)さんです。 あなたも林さんの作品を読んだこ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ



error: Content is protected !!