カラスの漢字の由来とは?烏や鴉に関する言葉には面白い雑学がある!

街中でカァカァなく鳥といえば、カラスですよね。

そのカラスですが、漢字でどのように書くのか知っていますか?

いきなり言われてもわからないですよね。ここでスラスラ~と書ける人は、漢字に詳しい人か、ものすごく雑学に長けている人ですね。

実はこのカラスという漢字には、ものすご~く面白い話があるんですよ!

そこでここでは、カラスという漢字にまつわる話まとめてみました。

この記事は、

・カラスの漢字が気になる人

・漢字の雑学が知りたい人

・カラスの漢字にまつわる面白い話が知りたい人

に宛てています。

これを読めば、カラスの漢字について、より詳しく知ることができると思います。

面白い雑学をご紹介しますので、読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラスを表す漢字は2つあった!

カラスを表す漢字は何かというと、実は、コレだったんです。

からす【烏・鴉】

意味: カラス科の鳥。人家近くの森などにすみ、羽根が黒く、くちばしが大きい。鳴き声が陰気なので、不吉な鳥とされる。

参考文献:福武国語辞典

カラスを表す漢字は「烏」「鴉」だったんですね。

「カラスは鳥(とり)っていう字だったの?」

と思ったあなた、カラスの漢字をよ~く見てください。

カラスは、「烏」ですよ。鳥(とり)とはどこかが違いませんか?

烏と鳥の違いはココだ!

実はカラスの漢字「烏」は、鳥(とり)という漢字の白という部分が一画少ないのです。

字のサイズを大きくしてみますとこうなります。

(からす) (とり)

確かに鳥(とり)の上部の一画が、烏(からす)にはありませんね。

この烏(からす)という漢字は、鳥(とり)という漢字とはまったく違う漢字なので注意してください。

特に手書きの場合、烏(からす)という漢字を見ると、「鳥(とり)という漢字を間違えたんだな」と勘違いしてしまうことがあります。

ですので、鳥(とり)と烏(からす)は区別しましょうね。

烏(からす)の漢字の由来は?

カラスが、鳥(とり)の一画少ない形になった由来について調べてみると、拝島大師の【漢字講座】鳥(とり)の説明の中で、次のような記述がありました。

中国の古い漢字の字書でも、烏(からす)は遠くから見るとその眼が区別できないから鳥(とり)の一画を除いて烏(からす)という漢字になった、といわれています。

参考サイト:拝島大師の【漢字講座】鳥(とり)

つまり、色が真っ黒なカラスは眼の位置がわからないから、鳥(とり)という漢字の眼に当たる一画をなくしてしまった、というわけなんですね。

鳥(とり)と烏(からす)の関係がわかるとおもしろいですよね。

カラスを表すもう一つの漢字「鴉」の意味とは?

先述しましたが辞典によると、カラスを表す漢字は「烏」のほかにもう一つ、「鴉」という漢字がありました。

この「鴉」にはどのような意味があるのでしょうか。

実はこの「鴉」という漢字には、「音」が関係しています。

「鴉」という漢字をよく見ると、「牙」と「鳥」からできていますね。

なぜこの「牙」(きば・ガ)という漢字が使われているのかというと、カラスはガァガァと鳴く鳥なので、そのガァガァという音から、「牙」という漢字が使われたのです。

ちなみに、この「牙」は「ア」とも読みます。

なので「鴉」の「牙」にはカラスの鳴き声の音が関係していたんですね。

「烏」「鴉」という漢字は、いつ習う漢字なのか?

左利き

この記事の冒頭で、烏(からす)の漢字を知っているかお聞きしました。

でも知らない人が多かったと思います。

というのは、実はカラスという漢字「烏」「鴉」は常用漢字ではありませんでした。

なのでカラスの漢字は知らなくて当然なのです。

ちなみに「鳥(とり)」という漢字は、小学2年で習う漢字です。

1画違うだけで難易度が全然違いますね。

また、「烏(からす)」という漢字は、漢字検定では準1級にあたり、「鴉(からす)」という漢字は、なんと1級にあたる漢字だったんです。

どちらもとても難しい漢字のひとつだったんですね。

おもしろ雑学!「烏」と「鳥」のような紛らわしい漢字を集めました!

烏(からす)と鳥(とり)は1画違いの漢字で、とても紛らわしいですよね。

このように、形が似ていて紛らわしい漢字が他にもないか調べてみました。

柿(かき)と杮(こけら)

この2つは同じ漢字じゃないの?って思ってしまいますよね。

でもこの2つは、まったく違う漢字なんです。

柿(かき)も杮(こけら)もどちらも「木へん」ではあるのですが、つくりが違います。

柿(かき)のつくりは「市場」の「市」ですが、杮(こけら)のつくりは「市」の縦線が1本につながっているんです。

ですから柿(かき)の画数は9画、杮(こけら)の画数は8画になります。

壁(かべ)と璧(たま)

壁(かべ)と璧(たま)の漢字の下の部分をよく見ると、「土」と「玉」となっていますよね。

この2つも間違えやすい漢字ですが、「完璧」と書くときは後者の璧(たま)の方を使いますね。

西(にし)と酉(とり)

方角を表す西(にし)と、酉(とり)年生まれのように用いるこの2つは、どちらも見たことがある漢字だと思います。

西(にし)という漢字の四角の中に横線が1本入るのが酉(とり)なんですね。

酒(さけ)と洒(すすぐ)

よく、お洒落(しゃれ)をするといいますが、このとき使っている漢字は酒(さけ)ではありませんよ。

洒(すすぐ)という漢字は、酒(さけ)という漢字の横線1本がありませんね。

己(き)と已(い)と巳(し)

己(き)と巳(し)が似ているのはわかりますけど、もう一つ「已」(い)という漢字があったんです。

已(い)という漢字の形は、縦の線が「コ」の部分の半分までで「口」にはなっていません。

拡大してみると、となります。

ちょうど己(き)と巳(し)の中間ですね。

ちなみにこの已(い)という漢字は、国語の古文で習う「已然形(いぜんけい)」という言葉に使われています。

なるほど豆知識!「鴉」のように鳴き声が漢字となった動物とは?

カラスの鳴き声の「ガァガァ」という音が「牙」となって、「鴉」となりましたが、このような「音」によって成り立った漢字はほかにもあるんです。

鳩(はと)に使われている「九」

鳩は「クックック」と鳴くので、「九(ク)」という字が使われています。

鳴き声が漢字に使われている鳥はほかにもいくつかあります。

鵝(がちょう)に使われている「我(ガ)」

鴨(かも)に使われている「甲(コウ)」

鶏(にわとり)に使われている「奚(ケイ)」

鷗(かもめ)に使われている「區(オウ)」

鶴(つる)に使われている「隺(カク)」

これらの鳥に使われている漢字は、すべて鳴き声に由来しています。

参考文献:成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編 (伊東信夫 著)

猫(ねこ)に使われている「苗」

猫(ねこ)という漢字に「苗(なえ、ビョウ、ミョウ)」という字が使われている由来には、いくつかの説があります。

その説のひとつとして、猫の鳴き声「ミャオ」という音が漢字になったといわれています。

「鴉」と成り立ちが同じですね。

蚊(か)に使われている「文」

夏場になると私たちのまわりを蚊(か)がしつこく飛び回りますよね。

この蚊の漢字には「文」が使われています。

実はこの「文」も蚊の出す音と関係があったんです。

といっても蚊は鳴きませんよね。

実は蚊に使われている「文」というのは、鳴き声ではなく蚊の飛び回る「ブーン」という音によるものだったのです。

まとめ

ここではカラスの漢字の由来などについてまとまてみました。

なかなか面白い雑学もあったのではないかなと思います。

カラスという漢字に限らず漢字には面白い雑学がたくさんあって、日本語は本当に奥の深い言葉ですよね!

みなさんは学校での勉強ちゃんとやっていましたか? 小学校では漢字の読み書きや、分数のかけ算などをやりました。 ...

国語辞典には面白い要素があります。 国語辞典を読むことで、言葉の意味や成り立ちについて知ることができます。 ...

あなたは「牛蒡」ってなんだかわかりますか? こんな言葉は初めて見たという人もいると思います。 「...

だんだん春が近づいてくると、昨日は寒かったのに今日はぽかぽかだったり、またすぐに寒くなったり、気温の変化が激しいんですよね。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ



error: Content is protected !!