野球のルールを簡単に説明します!これで女子でも明日からできる!

野球のルール

野球のルールを覚えよう

 

あなたは野球のルールについてわかりますか。

 

男子ならわかっている人は多いと思いますが、女子ではどうでしょうか。

 

まだまだ知らない人、多いと思います。

 

テレビでも、彼氏が野球を観ていると、ほかの番組が見られなくてつまんないな~って思っていませんか?

 

確かに、野球中継は、試合が2時間以上も続くため、ただ眺めているだけでは、何の面白みもありませんね。

 

野球のどこが面白いの?

 

そう思う女子もいると思います。

 

ですが、それはルールを知らないからなんです。

 

ルールを知れば、そのつまらない状態から一歩踏み出すことができます。

 

そこでここでは、野球のルールを説明して、あなたにもその面白さがわかるようにまとめてみました。

 

私は実際に、40年近く野球を観てきました。なので、野球のどこが面白いのかをあなたにもお伝えできれば、と思っております。

 

これを読めば、あなたの野球に対するイメージが変わりますよ!

 

スポンサーリンク

女子にもわかる!野球の基本のルールを簡単に解説!

 

野球は簡単にいうと、「投げたボール(球)を打つ」というゲームです。

 

ボールを投げる人を「ピッチャー(投手)」といい、打つ人を「バッター(打者)」といいます。

 

野球にはこのような用語が多いんですが、できる限り説明しますね。

 

そして、投げたボールを打つことができると、「ヒット」になります。打てなかったらそのバッターは「アウト」になります。

 

アウトになる条件とは

 

バッターがアウトになる条件はいくつかあります。

・ストライクが3つ

ストライクとは、ピッチャーが投げる比較的打ちやすい球のことです。

 

その3球を空振りしたり、見逃したりすると、三振(さんしん)というアウトになります。

 

・フライになる

フライとは、バッターが打った球がノーバウンドで、守備にとられることです。

 

・ゴロになる

ゴロとは、バッターの打った球が守備の前に転がり、その球がバッターより先に一塁に送球されてしまうことです。

 

なので、バッターはみんな、アウトにならないように頑張るんです。

 

もしアウトのなってしまうと、自分の出番は終わりになってしまい、次のバッターの出番となります。

 

また自分の順番が来るまでしばらく何もできません。守備になるまでベンチで座っているだけですね。

 

ヒットになったら、ランナーとして頑張る!

 

ヒットになると、「ランナー(走者)」として塁(るい)に残ることができます。

 

塁とは、グラウンドに置いてある、白くて大きなはんぺんみたいなものです。

 

グラウンドにはこれが4つあるんです。それらを「一塁」「二塁」「三塁」「本塁」といいます。

 

自分が塁に残ったら、次のバッターの出番となります。

 

次のバッターもヒットを打ったとき、自分は次の塁に進むことができます。

 

野球はすごろくのようなもので、ランナーを一塁から二塁、二塁から三塁、と進めていって、そして三塁から本塁へ来たときに1点になります。

 

一塁から三塁へとか、二塁から本塁へ行くことはできません。

必ず順番通りに進みます。

 

ヒットにならなくてもランナーになれる!

 

ヒット以外でもランナーになれる方法はあります。

 

・フォアボール(四球)

ピッチャーが投げる球が4球ボールになったら、一塁に行けます。

 

ボールとは、ストライクの範囲に入っていない球のことです。

 

・デッドボール(死球)

デッドボールとは、ピッチャーが投げた球が、バッターに当たることです。

 

かなり痛いですが、これも無条件で一塁に行けます。

 

・相手のエラー

相手がミスをして、ボールを落としたりすると、エラーになります。

 

3人がアウトになったら攻守交代です

 

ランナーの塁を進めていくのですが、3人がアウトになってしまったら、攻撃は終わりです。

 

グローブを持って守備につきましょう。

 

ランナーはどの塁にいても本塁まで行かないと点数にはなりませんので。

 

そうだったのか!野球の試合の進め方とは!?

 

攻撃(攻め)が終わると、守備(守り)につきます。

 

先ほどまは打つという攻撃について説明しましたが、野球は攻めだけではありません。

守りもあるのです。

 

野球は1チーム9人でおこなうスポーツです。

攻めのときは一人ずつでしたが、守りのときは9人全員で守ります。

 

ピッチャーが1人とその球を受けるキャッチャーが1人います。

そして、内野手4人(バッターの近くで守る人)と外野手3人(遠くで守る人)がいます。

 

全部で9人ですね。

この人数さえ合っていれば、どこに何人いてもルール上は問題ありません。

 

この9人で、相手を3人アウトにしなければなりません

アウトにする方法は先ほどの通りです。

 

相手を1人アウトにすると、ワンナウト、2人でツーアウト、3人でスリーアウトとなります。

まだ誰もアウトにできていなければ、ノーアウトとなります。

スポンサーリンク

 

3人アウト、つまりスリーアウトになると、チェンジといって、攻守交替になります。

攻撃は守備に、守備は攻撃に代わるんですね。

 

攻撃と守備は交互におこなっていく

 

攻撃と守備を1度ずつやったら、1「回」が終了し、そのまま2「回」へ続いていきます。

 

この回とは、ややこしいのですが野球では、「表(おもて)」「裏(うら)」があります。

 

1回表、とか9回裏とかよく聞くと思います。

 

表(おもて)とは、先に攻撃するチームのことで、裏(うら)は、後に攻撃するチームのことをいっています。

 

つまり、最初は1回表から始まって、先攻のチームの攻撃が終わると、1回裏になり、後攻のチームの攻撃となります。

 

それが終わると次は2回表となって、再び先攻のチームの攻撃となるわけです。

それが終わると、2回裏になって後攻の攻撃になるのです。それを9回裏まで続けます。

 

そして9回裏までの合計の得点が多いほうが勝利となるわけです。

 

まとめ

 

野球のルールについて、基礎の部分だけを詳しく説明しました。

 

これを読むことで、野球を知らない女子の方にも、野球の魅力を伝えることができたらうれしいです。

 

そのルールでは、書ききれなかったところや簡略化したところも多々ありますので、正確なルールとは異なる部分があることをご容赦ください。

 

以上が、まとめとなります。

 

野球は本当に奥の深いスポーツで、まだよく知られていないルールもあったんですよ!

 

野球についてもっと詳しく知りたいかたは、こちらへどうぞ!

 

経験者も知らない!野球の面白いルールとためになる雑学・豆知識

 

■その他のおすすめの記事はこちらです。

 

子供に人気のスポーツとは?これから流行るスポーツを予想してみた!
2020年の東京オリンピックがいまから待ち遠しいと思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。 オリンピックは第1回目は1896年アテネで開かれました。競技人口は年々増えていって、競技種目もたくさん作られま...

 

ゴルフには面白いルールや雑学があった!コンドルやダチョウって何?
あなたはゴルフをやったことがありますか? ゴルフは週末によくテレビ中継をやっていますよね。ご覧になった方もおられると思います。 最近ではゲームやマンガで取り上げられたり、女子ゴルファーの人気もあっ...

 

相撲の懸賞とは1本いくら?興味深いお金の話や気になる雑学を解説!
あなたは相撲についてどれくらい知っていますか? 私は相撲を子どものころから見てました。 夕方5時半ぐらいになると、テレビに家族みんなが集まってきて話し出します。 今日は誰とやるんだとか、昨日...

 

eスポーツの賞金とは!日本より海外のほうが100倍も高いって本当?!
あなたはeスポーツというのを知っていますか? eスポーツとは、コンピューターゲームやビデオゲームで対戦して勝敗を競う競技です。 競技者は自らが体を動かすものではありませんが、ひとつのスポーツととら...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポーツ
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!