雷の由来と雑学!落雷1発のエネルギーには14日分もの電力があった?

雷

落雷のエネルギーはすごい!

 

夏になると夕方にはきまってが鳴りますね。

 

晴れていた空が急にくもり出して、遠くのほうでゴロゴロと鳴り出す。ほどなくして稲妻が光る。

これは暑い日によくみられる光景ですね。

 

では、その雷の仕組みは何なのかについて書きたいと思います。

 

この記事は、

・雷に興味がある人

・落雷の金額が知りたい人

・雷の雑学が知りたい人

に宛てています。

 

これを読めば、雷について面白い知識が身につくはずですよ。

 

落雷の対処法や利用法なども参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

雷の由来とは?昔は何だと思われていたのでしょうか

・神様の怒り

むかし、雷は「神鳴り」であり、神様の怒りと思われていました。

 

実際、落雷や豪雨によって多大な被害が出たことから、雷は神聖なものとして崇められてきました。

 

むかしの雷鳴や雷光、稲妻などによる自然災害は、神話や伝説となって語られています。

 

・豊作祈願

むかしから「雷の多い年は豊作になる」といわれています。

 

これは落雷によって、空気中の窒素が水に溶けて、土中の稲や植物などの生育に影響するからだといわれています。

 

実際に、雷によって植物が成長するという研究成果が確認されいます。

 

雷の雑学と距離の計算方法!

・雷のもとは静電気

雲の粒と粒がこすれあうことで、静電気が発生して雷となるわけです。

 

よく冬場にドアノブを触ろうとするときに、パチッとなるときがありますよね。

 

あれが静電気で、小さな雷なのです。

 

・雨の程度

 

落ちてくる雨の大きさは0.2mm~4mmです。

気温が高いほど大気中には水蒸気がたくさんあり、それらが集まったものが雲となります。

 

そしてその雲は上昇気流が弱まると雨となって落ちてきます。

 

・雷鳴の仕組み

ゴロゴロと聞こえるのは、空気が振動して爆発している音なのです。

 

落雷によって何かにぶつかっている音ではないのですね。

 

・稲妻の意味とは

 

雷の光をなぜ「稲妻」というか気になりますね。

 

これは雷が稲を実らせると考えられてきたからです。

 

「稲妻」=「稲を実らせてくれるもの」という意味で使っていたそうです。

 

・落雷の仕組み

積乱雲の中にたまっているマイナスの電気が、地表にあるプラスの電気が結びつこうとして放電します。

 

これが落雷です。

 

・雷の距離の計算法

 

雷が光ってからゴロゴロと音がします。

この間の秒数で雷が落ちたところまでの距離がわかります。

 

だいたい1秒で340mの距離があります。10秒なら3400mですね。

 

つまり、 340 × 秒数 = 距離(m) となるわけです。

 

・雷の多い地域

夏の雷は茨城、栃木、群馬など北関東では雷がおおいといわれています。

 

冬の雷は日本海側に多いです。

 

この冬の雷は夏よりもかなり強力だといわれています。

 

雷の対処法

 

雷は高いところや突き出たものに落ちやすいといわれています。

なので、周りに高いもののない平らなところは危険です。

 

雷が鳴り始めたら、建物の中に避難するようにしましょう。

そしてなるべく部屋の中心にいるようします。

 

車のなかも安全といわれていますが、車の金属の部分は感電の恐れがあるので、触らないよう注意が必要です。

 

間違った対処法

 

雨宿り

木や建物の軒先での雨宿りは危険です。

外壁を伝わってきた雷に間接的に感電することがあります。

 

自転車

また自転車やオートバイも危険です。

すぐに降りて安全な場所に避難しましょう。

 

雷雨のときに傘をさすのも危険です。

上記の通り、とがったものや突き出たものは危険です。

 

こんな雷があります

 

自然界では、さかさに光る稲妻があります。

 

地上から空に向かって昇っていく雷があるんですね。

 

これはスプライトのひとつといわれていて、限られた場所で見られる珍しい現象です。

 

雷の利用法を考えてみましょう

 

雷のエネルギーはどれくらいあるのでしょうか。

 

落雷のとき、電圧は200万~10億ボルト、電流は1千~20万アンペアといわれています。(ウィキペディアより)

 

このエネルギーは一般家庭の何日分の電力か計算してみましょう。

 

電力は電流と電圧の積、つまり、

 

電力(ワット)= 電流(アンペア)× 電圧(ボルト)

 

ですから、上記の値を入れれば電力を求められます。

スポンサーリンク

 

なのでだいたい雷1回あたりの平均の電力は、900ギガワット(電力量としては250キロワット時)になります。

 

これは一般家庭で使う電力量の約2週間分になります(一般家庭では一日の平均電力量は18.5キロワット時ですので)。

 

乾電池何本分でしょうか

 

乾電池は1本1.5ボルトです。

 

だから雷は、乾電池133万~6.6億本分ということになります。

 

お金にするといくらでしょうか

もし雷のエネルギーを無駄なくお金に換算できるとしたら、どのくらいの金額になると思いますか?

 

電気代は1キロワット時で27円です。(全国家庭電気製品公正取引協議会より)

 

1発の雷は250キロワット時なので、その電気代は6750円ということになります。

 

雷を用いた言葉にはどんなものがあるでしょうか

 

・地震、雷、火事、おやじ

これらは世の中で怖いと思われているものです。

確かに雷も入っていますね。

 

・電光石火

電光とは稲妻の光のことで、動きが非常に速いことを表しています。

 

・付和雷同

自分にしっかりとした考えがなく、すぐ人の意見に同調することです。

付和とは、定見をもたず、すぐ他人の意見に同調することで、雷同とは、雷が鳴ると万物がそれに応じて響くことです。(国語辞書より)

 

・青天の霹靂(へきれき)

思いがけないことが起こること、の意味です。

青天とは雲一つない青空を、霹靂とは突然鳴る雷を意味しています。

 

まとめ:雷についてしっかりと理解しておく

 

雷は恐ろしい自然災害のひとつなので油断は禁物です。

 

災害を防ぐためにも雷のことをよく理解して、正しい対処法を身につける必要があります。

 

雷のエネルギーを利用する技術は今のところまだありませんが、何も利用しないのはもったいない気もします。

 

今後技術が発達すれば、何かに利用できる日が来るかもしれませんね!

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

一番最初の天気予報とは!的中率を100%にする方法があるって本当?
いつもテレビをつけるとニュース番組やっていますよね。 そしてニュースの終わりに、だいたい天気予報があります。 いつも何気なく見ている天気予報ですが、いつごろから始まったのでしょうか。 一番最初の...

 

夏はいつから始まっていつ終わる?季節の移り変わりを見逃すな!
真夏日だ、猛暑日だと暑い日が続くと、この暑さはいつまで続くの?と思ってしまいますね。 そもそもこの暑さはいつから続いているのか、いつからこの暑さを我慢し続けているのか、わからなくなりますよね。 で...

 

快晴と晴れと晴天の違いとは?天気に詳しくなれる面白い雑学満載!
天気予報を見ているとお天気キャスターが、 「明日は晴れになります」とか「今日は雲一つない快晴でしたね」 ということがあります。 これを聞いて私は、晴れと快晴の違いについて疑問に思いま...

 

夏至 冬至 春分 秋分をまとめて何というのか?面白い雑学の解説!
日本では春夏秋冬、つまり暑い時期と寒い時期、だんだん暑くなる時期とだんだん寒くなる時期がありますよね。 そのそれぞれの時期を表す象徴的な日が、夏至(げし)、冬至(とうじ)、春分(しゅんぶん)、秋分(しゅうぶん)...

 

雑学・豆知識
スポンサーリンク



気分はジョン!ジョン!
error: Content is protected !!